全国山城サミットin佐野 実行委員会

今日は、サイト制作でお手伝いしている「第24回 全国山城サミットin佐野」の第2回目の実行委員会に参加してきました。

決め事、承認事項は特に問題もなくスムーズに進みましたが、あと4ヵ月に迫ってきていることもあり、だいぶ具体的な話になってきました。

会場の前方には、見慣れない甲冑と兜が置かれていました。

かねてから紙製の甲冑・兜を作ると聞いていたそれでしたが、イメージしていたものより、かなり立派・精巧に作られていて驚きました。

しかも、モチーフになっているのが『龍綺兜(りゅうきのかぶと)』と呼ばれるもので、織田信長から豊臣秀吉、そして秀吉から天徳寺宝衍(てんとくじほうえん=佐野房綱)が拝領。さらに佐野氏の家臣で先日ドローンの撮影をおこなった椿田城を守っていた福地家に与えられた兜だそうで……。

地元にそんなすごい兜があったなんて知りませんでした。

本当にこういう機会に関わることができてよかったと思います。